水彩画・リノカット


グラハム・クラークの水彩画
最近の作品を一部ご紹介。「Kent」「Cornwall」他多数の水彩画集を出版。


犬と散歩 - 街角


犬と散歩 - 教会


ケントの牧場


丘の教会


島影


浜辺の釣り船


ひつじたち


港の静けさ


走るパイロット


2人の勇者


 

リノカットとは?

版画技法の一種「リノカット」とは?版式では木版と同じ凸版技法に分類されます。版材には建築材料として利用されるリノリウム板を用い、板目木版画用の彫刻刀で彫版します。版材として大きなサイズが容易に入手でき、また、材質が木材に比較してやわらかく板目の制約を受けないため、どの方向にも抵抗無く彫ることが可能で、欧米では戦前、美術教育用の技法として流行しました。 この技法が画家によって真剣に試みられるようになったのは、1930年代後半にマチズやピカソが取り上げてからのこと。特にピカソは、1958年から本格的にリノカットに取り組み「女の胸像」「牧神と山羊」「帽子をかぶる女の胸像」など、数年で100点以上の作品を完成させました。


2007年作品

ゴッチャ、「つかまえた!」
イメージサイズ 20.0cm×25.3cm 額装サイズ 42.0cm×48.0cm


ピース オブ フィッシュ
イメージサイズ 18.5cm×40.0cm 額装サイズ 42.0cm×63.5cm


帰ってきた鳩
イメージサイズ 44.3cm×44.5cm  額装サイズ 77.0cm×80.0cm